こんなホンダも見てみたい!

AUTHOR

SEMAショーでオフローダーのコンセプトを披露

ホンダ・ノースアメリカは、10月30日から11月2日まで米ラスベガスで開催されたカスタムカーの祭典「SEMAショー2018」において、「ホンダ・ラギッド・オープンエア・コンセプト」を披露した。

ホンダR&Dアメリカズが開発を手がけたこのコンセプトモデルは、ピックアップトラックの「リッジライン」と、コンパクトオフローダーの「パイオニア1000」を組み合わせており、究極のオープン・オフローダーを目指したもの。リッジラインのユーリティティとパイオニア1000のオフロードにおける耐久性とルックスをミックスさせたと、ホンダは説明している。

オープンエアのキャビンは4シーター。シートはいずれもシビック・タイプR用で、防水加工を施すなどして搭載しているという。

いまのところコンセプトの域を出ないようだが、アメリカではこんなモデルが発売されたあかつきには、大いに人気を呼びそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる