トヨタが「ポルテ」と「スペイド」に特別仕様車を設定

H.Tanaka
AUTHOR
2018/11/08 09:00

上質感を高める内外装のコーデ

トヨタは、ポルテに特別仕様車「 F“ラフィネ”」、スペイドに特別仕様車 「F“ノーブルコレクション”」を設定。ポルテは全国のトヨタ店とトヨペット店、スペイドは全国のトヨタカローラ店とネッツ店を通じて、11月5日に発売を開始した。消費税込み車両本体価格は、いずれも197万9640円(2WD)と213万840円(4WD)。

今回の特別仕様車は、「F」をベースに、革調シボ付きルーフフィルム、本革巻きのステアリングホイールおよびシフトレバーノブ、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シートを採用。インスツルメントパネルなどの主要な内装パーツ色をブラックに統一するとともに、室内側のドアハンドル(運転席・助手席)をはじめ内外装の各所にメッキ加飾を施すなど、上質感を高めた仕様となっている。

ボディカラーは、特別設定色の「ブロンズマイカメタリック」を含む5色をポルテとスペイドそれぞれに設定、新採用のルーフフィルムとの組み合わせでツートーンのカラーリングも選択可能で、特別な一台としてコーディネートすることができる。

また、HIDパッケージ、スーパーUVカットパッケージを特別装備し、利便性や快適性を向上させた。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる