BMWの「8シリーズ・コンバーチブル」がフォトデビュー!

AUTHOR
2018/11/07 19:00

ガソリンとディーゼル各1機種を設定

BMWはこのほど、新型8シリーズのオープントップバージョンとなる「BMW8シリーズ・コンバーチブル」を発表。市場導入は2019年3月からを予定している。

ルーフは耐候性や防音性に優れたソフトトップを採用。コンソールのボタン操作だけで開閉操作ができ、50km/hまでなら走行中の開閉も可能。開閉操作にかかる時間は15秒だ。

4シーターのキャビンは、エクステリアと調和のとれたデザインでまとめられている。後席は50:50の分割可倒機構が備わり、トランクスルーが可能。トランク容量は後席使用時で350Lが確保されている。

設定されたのはガソリン仕様の「M850i xDrive」とディーゼル仕様の「840d xDrive」の2モデル。M850i xDriveには530ps/750Nmを引き出す4.4リッターV型8気筒ツインターボを、840d xDriveには320ps/680Nmを発揮する3リッター直列6気筒ターボディーゼルを搭載。いずれも8速スポーツATを組み合わせて4輪を駆動する。0-100km/h加速タイムはそれぞれ3.9秒、5.2秒と発表された。

M850i xDriveは「BMW Mパフォーマンスモデル」として、インテグラルアクティブステアリングや20インチのタイヤ&ホイール(840d xDriveは18インチ)、Mスポーツディファレンシャルが標準で搭載される。

装備面では、ヘッドアップディスプレイやインフォテイメントシステム、そして運転支援機能などに最新世代版が採用されたほか、インテリジェントパーソナルアシスタントや、スマートフォンと連動させられるデジタルキーといった先進の装備が惜しみなく導入されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる