アウディがアニメ映画用にコンセプトカーをデザイン

AUTHOR

2019年9月に全米公開の『Spies in Disguise』に登場

アウディはこのほど、2019年9月13日に全米公開されるアニメ映画『Spies in Disguise(スパイズ・イン・ディスガイズ:原題)』に、アウディデザインが手がけたコンセプトカー「アウディRSQ e-tron」が登場することを明らかにした。

20世紀フォックスが手がけるこの映画は、ウィル・スミスが主演を務めるスパイアニメ。彼が扮するスパイ・エージェント、ランス・スターリングの相棒としてこのアウディRSQ e-tronが登場するという。

RSQ e-tronは、アウディデザインがこの映画を製作するブルー・スカイ・スタジオと協力して開発。人工知能を持つ自動運転可能な2シーターEV。

最先端のデジタルビジュアライゼーション技術にハンドメイドの精度を組み合わせたことにより、今回、架空のバーチャルコンセプトカーを開発したことは未来の設計アイディアに生かすことができると、アウディデザインはコメントしている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる