上質な快適性を提供するラグジュアリーセダン新型【レクサスES】を発売

萩原充
AUTHOR

基幹モデルの7代目がデビュー

レクサスインターナショナルは10月24日(水)、東京ミッドタウン日比谷に展開する同ブランドのライフスタイル空間「LEXUS MEETS(レクサス・ミーツ)」を会場に、ラグジュアリーセダンの新型「レクサスES」を披露。発表会当日より全国正規販売店から発売することを発表した。

レクサスインターナショナルの澤良宏プレジデントによれば、レクサスにおける「ES」は、1989年の初代から6世代目モデルに至るまで、グローバルで220万台のセールスを記録した基幹モデルであり、7世代目となる新型では高級車に求められる新しい価値を追求したとのこと。世界90カ国以上への展開を計画しているとともに、国内でも目標の6倍にあたる2200台の事前受注を記録するなど、市場の期待感も大きいようだ。

榊原康裕チーフエンジニアは、新型ESを「着心地のいいシャツ」のような「いいモノ感」に例え、新型GA-Kプラットフォームで実現したワイド&ローで流麗なフォルムと豊かな室内空間がもたらす刺激的な走りと静粛で快適な乗り心地をアピール。

エクステリアでは、シャープなイメージを表現したスピンドルグリルと端正なヘッドライト、低重心を活かした伸びやかなサイドビューがスポーティな走りを予感させ、優れた操作性と的確なインターフェイス、適度にタイトなコクピットが快適なドライビング空間を創出している。

先進の溶接技術である「レーザースクリューウェルディング」や「構造用接着剤」で剛性を強化し、ホットスタンプ材や高張力鋼板を最適配置することで、軽量化と衝突安全性も強化したボディは、全長4975×全幅1865×全高1445mmの3サイズ。前輪駆動のアドバンテージを活かした豊かな室内スペースが特長となっている。

パワートレインは、レクサス初となる2.5リッター直4エンジンによるハイブリッドシステムを搭載。システム最高出力218psを発揮するとともに、JC08モード燃費23.4km/Lを実現。従来型比で20%以上のロスを低減したトランスアクスルが気持ちいい加速感を提供してくれるようだ。

また、ジオメトリーやアームの配置を最適化した前後サスペンションには、世界初となる「スウィングバルブショックアブソーバー」を採用。ダンパーのオイル流路に非着座式バルブを設けることで、微小な動きに対しても減衰力を発生させ、優れた安定感としなやかな乗り心地を実現するとのこと。

また、旗艦のLSにも匹敵する先進運転支援技術の投入や市販車初となるカメラと画像合成技術を融合させたデジタルアウターミラーを最上級グレードにオプション装備(216,000円高)するなど、機能面での先進性もクラストップレベルといえる。

新型レクサスES300hの車両価格は、ベーシックグレードが5,800,000円で、「F SPORT」が6,290,000円、最上級の「version L」は6,980,000円となる。

レクサス https://lexus.jp/

フォト:宮門秀行 H.Miyakado

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる