2019年に向け「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」の特別仕様車が発売

H.Tanaka
AUTHOR

“See You! The Beetleキャンペーン”の第4弾

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は、2019年に日本での「ザ・ビートル」販売が終了することにともない、ファンへの謝意を表す“See You! The Beetle キャンペーン”を実施中。その第4弾として、特別仕様車「ザ・ビートル・マイスター」シリーズ(3 グレード)を設定、10月23日から販売を開始した。

消費税込みの車両本体価格は、「ザ・ビートル・デザイン・マイスター」が303万円で「ザ・ビートルR-Lineマイスター」は348万円。そして「ザ・ビートル2.0R-Lineマイスター」が397万円となっている。

ドイツ語で「職人・名人」を意味するマイスターのネーミング通り、この特別仕様車は入念に作りこまれた完成度の高さが魅力。ザ・ビートル・デザイン・マイスターには、パドルシフト付きマルチファンクションステアリングホイールや2ゾーンフルオートエアコンが標準装備となり、ドライブでの快適性をさらに向上させると同時に専用デザインの17インチアルミホイールを装備することで、外観からも特別なザ・ビートルを印象付ける。

ザ・ビートルR-Lineマイスターと ザ・ビートル2.0R-Lineマイスターでは、上級モデルに相応しく レザーシートを標準装備。レザーのカラーは、ブラックかブラック&レッドのいずれかを選択することが可能で、いままで以上に上質でワンランク上の室内空間となっている。また、最上級モデルの2.0R-Lineマイスターでは電動パノラマスライディングルーフも標準で装備される。

このほか、今回発売するザ・ビートル・マイスターシリーズには3グレード共通で人気オプションのバイキセノンヘッドライトとVW純正ナビゲーションシステム“716SDCW”、過去の限定車でのみ採用されたリアエンブレム内蔵型リアビューカメラが全車標準装備となる。

「ザ・ビートル」は、フォルクスワーゲンの原点であるオリジナルビートル、「タイプ1」の系譜を継ぐ3代目。日本導入は2012年で、現在までに約3万5000台(カブリオレを含む)を販売。唯一無二のビートルデザインは、フォルクスワーゲンのアイコンとして世代や性別を超えて愛されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる