「NSX」のモータースポーツ仕様がアップデート

AUTHOR
2018/10/19 09:00

新開発のエアロパーツを採用

ホンダ・ノースアメリカのアキュラ・モータースポーツは10月12日、2019年のレースシーズンに向けて開発されたNSXの新型レーシングマシン、「アキュラNSX GT3 Evo」を発表した。

NSX GT3は2016年後半にデビューし、デイトナ24時間レースをはじめとする世界的なGTレースに参戦してきた。NSX GT3 Evoを名乗る新型マシンでは、新開発のフロントスプリッターやディフューザー、リアバンパーを採用したことにより、トップスピードや冷却性能が向上。プロドライバーだけでなくアマチュアドライバーでも高水準のパフォーマンスが引き出せる。

3.5リッターV6エンジンは、新しいターボチャージャーを搭載し、スロットルレスポンスやブーストコントロール、そして燃費を改善。エンジンの寿命が従来型比で25%アップしたことにより、耐久性も向上。ランニングコストが削減されている。

シャシーは市販車のNSXと同様に米国オハイオ州にあるPMC(パフォーマンス・マニュファクチュアリング・センター)で作られ、最終的にはイタリア・ミラノにあるテクニカルパートナー、JASモータースポーツで組み立てられる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる