復刻版タルガ・フローリオに新旧フェラーリが凱旋

100台のフェラーリが主役の座を奪う

10月5日〜7日にシチリア島パレルモで「第102回タルガ・フローリオ・クラシカ」が開催。このイベントはパレルモを見下ろす丘陵地帯を舞台としたロードレースで、毎年多くのビンテージカーが参加する。

このイベントと並行して開催されたのが、新旧のフェラーリ車が多数参加する「フェラーリ・トリビュート-タルガ・フローリオ」。参加車両は308以降のフェラーリを中心に、488GTBや488スパイダー、ポルトフィーノ、812スーパーファスト、GTC4ルッソといった現行モデルまで新旧多彩。1950年から1953年までタルガ・フローリオを5回制した1949年式の166MMや1971年式ディーノ246GT、1984年式テスタロッサも出場し、イベントに華を添えた。

これらフェラーリのステアリングを握る約100名のドライバーは、シチリアの山々を舞台に華麗なる走りを披露。今回のイベントの主役の座を奪う注目を集めた。

おすすめ記事一覧