「パジェロ」がアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2018/10/15 17:00

ベーシックグレードの装備が充実

三菱自動車は同社の伝統的SUV、「パジェロ」に一部改良を施し10月11日より発売を開始した。


消費税込みの車両本体価格は、「GR」が339万1200円/386万5320円。「エクシード」が383万9400円/428万2200円で「スーパーエクシード」が495万1800円となっている。

おもな改良内容だが、GRグレードに人気オプションとなっているプロジェクター式ディスチャージヘッドライト(ロービーム光軸調整機構付き)、ヘッドライトウォッシャー、オートライトコントロール、電動格納式リモコンドアミラー(ヒーター、ウインカー、アプローチランプ付き)、そしてLEDポジションランプ&フロントハロゲンフォグランプ(ベゼル一体型)を標準装備。

また、GRグレードでは本革巻きステアリングホイール、本革巻きATセレクトレバー、本革巻きトランスファーレバー&パーキングブレーキレバーを標準装備とすることで内装の質感も向上させている。

なお、スーパーエクシードとエクシードには要望の多かったルーフレールと電動ロングサンルーフがパッケージオプションとして設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる