「スズキ・スイフト」にシックな特別仕様が登場

AUTHOR
2018/10/15 08:00

ブラック2トーンルーフ仕様を現行スイフトで初採用

スズキは10月11、「スイフト」に特別仕様車「XRリミテッド」を設定、同日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は5MT車が150万3360円、CVT車が150万7680円/165万8880円である。

XRリミテッドは、1.2リッターガソリンエンジンを積むエントリーグレードの「XG」をベースに、エアロパーツを装備したスポーティな外観デザインを採用。ボディカラーには新色の「クラレッドレッドメタリック」と「ミネラルグレーメタリック」の2色を新設定するとともに、ブラック2トーンルーフ仕様(4万3200円のオプション)を現行スイフトとして初めて採用した。

インテリアでは、専用のチタン調加飾やシルバーステッチを施したシート表皮が採用され、シックで落ち着いた雰囲気が演出されている。

さらに、デュアルセンサーブレーキサポートをはじめとするスズキの予防安全技術「スズキ・セーフティ・サポート」や、SRSカーテンエアバッグ・フロントシートSRSサイドエアバッグを標準装備するとともに、全方位モニター用カメラパッケージ(5万4000円)をメーカーオプション設定するなど、安全装備が充実。経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当する。

そのほかオプションとして、LEDヘッドランプやLEDポジションランプ、16インチタイヤ&アルミホイール(切削加工&ブラック塗装9で構成するアップグレードパッケージが14万2560円で用意されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる