試乗インプレ【ボルボ V60】新世代ボルボの真打ちが 満を持して登場!

2018/10/12 12:00

XC90から始まった新世代ボルボの、5番目となるV60が上陸を果たした。大ヒットを飛ばした850、そして歴代V70の系譜を受け継ぐこのステーションワゴンは、かつての「エステート=ボルボ」復権と、今後の彼らの電動戦略を担う、極めて重要なモデルなのだ。

V60のボディは、兄貴分のV90をひとまわり小さくした感じだが、その分走りは軽やか。T5の2.0Lターボでも動力性能は十分だ。

「エステートのボルボ」復権を賭けたモデル

ボルボといえばXCシリーズの成功によって、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのSUVヒットメーカーとなったのはご存じの通りだ。

しかしV90に真打ち「D4 AWD」が登場したことで、ボクはボルボがかつて「エステートのボルボ」として一世を風靡したあの 威厳を、今一度強く取り戻すのではないか? と感じた。

スカンジナビアンテイストを巧みに表現したモダンな雰囲気のコクピットは、XC60と同様。

フロントに搭載するディーゼルユニットが足回りを落ち着かせたのか、サスペンションそのものが熟成を極めたか、その乗り味は4輪にエアサスを持つXC90にも負けないたおだやかさで乗り手を魅了し、旗艦エステートとしての貫禄を見せつけたのである。

試乗車のインスクリプションにはドリフトウッドと呼ばれる木目トリムが標準装備される。B&Wのオーディオはオプション。

それだけに今回、ようやくV60が日本上陸したことが嬉しくてならない。なぜならこのミドルワゴンこそが、我々でも少し背伸びをすれば手が届く“真の真打ち”だからである。

T5インスクリプションに搭載されるエンジン は最高出力254ps、最大トルク350Nmを 発生する2.0L直4ターボ。低回転からの豊か なトルクで1.7トンのボディを軽々と走らせる。

V60の日本におけるパワーユニットはその頂点に「T8ツインエンジンAWD」を据え、「T6ツインエンジンAWD」、「T5」と続く3種類。FWDモデルである「T5」のみベーシックな「モメンタム」を用意し、残りは全て豪華仕様の「インスクリプション」となる4グレード構成となっている。ちなみに全てのモデルが2.0リッターの排気量を持つ直列4気筒ガソリンエンジンであり、現状はディーゼルユニットの導入が見送られたようである。

包み込まれるような掛け心地が特徴のフロントシートは、素材にナッパレザーを使用。リアシートのレッグスペースは、先代V60より36mm拡大され、V70よりも9mm広い。

そして今回、このV60で最も売れ筋モデルとなるであろうT5インスクリプションに試乗した。タウンスピードで味わうV60のプレステージ性は、嬉しいことに完璧だった。ひとことで言うとその運転感覚は素晴らしく快適だ。 これにはまず、先代モデルに比べて15mm短くなった全幅が効いていると思う。XC系ほどではないが適度に高いアイポイントと合わせ、街中の狭い路地を曲がるような場面でも、車幅をほとんど意識させられないのは見事だ。ちなみに回転半径は5.5mである。

ステアリング奥のディス プレイには、地図も表示することができる。

実はこの全幅縮小は日本市場からの要求を聞き入れたもので、デザイナーは縮められたボディ幅に対し現行の伸びやかなデザインを与えることに苦労したという。

しかしフェンダーまで伸ばされたトールハンマーヘッドライトや、リップスポイラーの横長なエアスクープは自然。かつ遠くからこのV60を見たときの存在感はかなり高いから、本当に今のボルボはデザインが乗っている。

さらに縮まった全幅に対して、ホイールベースは125mmも伸ばされその居住性は高まった。そして全高は45mmも低められ1435mmとなり、日本の立体駐車場問題もそつなくクリアしている。

荷室容量にいたっては、430Lから529Lにまで増やされた。それでいて横から見たプロポーションは冗長過ぎず美しい。V90に比べるとリアハッチは垂直気味だが、そこはひとまわり小さなボディを有効に使う手段としてはまっとうな手法である。

ラゲッジスペースは、標準状態で529Lというクラストップレベルの容量を確保。60: 40の分割可倒式リアシートをたためば1441 Lまで拡大可能で、操作も荷室側からできる。床下にも収納スペースが備わり、荷物を動き にくくするパーテーションなどを装備するなど、使い勝手も良好だ。

 

リポート:山田弘樹/フォト:宮門秀行/ル・ボラン2018年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる