レクサス新型ESが【デジタルアウターミラー】を量産車で世界初搭載

まずは新技術の普及を狙う

日本発信のプレミムブランドであるLEXUS(レクサス)は9月12日、日本国内向けのミドルセダンとなる「新型ES」に、量産車として世界で初めて「デジタルアウターミラー」を採用することを発表した。

このデジタルアウターミラーとは、これまでの左右サイドミラー取付位置となるフロントドア外側のカメラで撮影した車両左右後方の映像を、車内のフロントピラー部に設置された5インチ液晶ディスプレイに表示。

カメラ部を雨滴が付着しにくい形状としたほか、ディスプレイを室内に搭載することで、天候の影響を受けにくい優れた視認性を確保するとともに、ドライバーの視点移動を低減させる効果が見込める。

また、ウインカー操作、リバース操作と連動させ、表示エリアを自動的に拡大するほか、ドライバーの操作で任意に表示エリアを広げることも可能とし、運転状況に応じた周辺確認支援を実現したとのこと。

さらに従来のミラーを小型のカメラに置き換えることで、斜め前方の視界を拡大するとともに、風切音低減による高い静粛性を実現した。なお、レクサス新型ES は2018 年10 月下旬に日本国内で発売される予定だ。

レクサス https://lexus.jp/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる