熱波以上に熱い! 「M」づくしの富士スピードウェイ

2018/08/25 10:00

富士スピードウェイ【2018年8月1日(水)開催】

BMWワンメイク ドライビング レッスン Feat. BMW M

前回は雨模様の中で行なわれたBMWワンメイク・ドライビング・レッスンだが、8月1日の開催となった今回は一転して酷暑といえるシチュエーション。参加者はもちろん、クルマにもシビアな環境だった。しかし、イベント自体の内容はむしろパワーアップ。会場にはニューM5に加え特別なM4も襲来。まさにMづくしの1日となったのだ。

M5に加えスペシャルなM4も!

冒頭から手前みそで恐縮だが、「BMWワンメイク・ドライビング・レッスン」の魅力は「走るプログラム」が充実していること。今回も午前に合計3つのコンテンツ、午後は富士スピードウェイを存分に楽しめるフリー走行枠が設けられ、参加者は濃密な「BMWとの時間」を過ごすことができた。

その午前枠のコンテンツだが、イベント内容を象徴しているのがジムカーナ・レッスンだ。目的はコーナリングの基礎やBMW本来の性能体感に加え、ステアリングやペダル操作の連携、ライン取りと乗り手の理想的視線移動の修得にあって、参加者は特設コースを周回。また、周回前にはインストラクター役を務めるレーシングドライバーのデモ走行や事前ブリーフィングを実施。走行中にも個別にアドバイスが提供されるという具合に、限られた時間ながら充実した内容となっている。

ちなみに、今回このレッスンでインストラクター役を務めたのは、今年ブランパンGTアジア・シリーズにBMWチーム・スタディからM4 GT4で参戦、優勝をはじめ好成績を収めている木下隆之選手と若手成長株として注目を集める根本悠生選手など、指導陣が豪華なこともこのイベントの魅力のひとつとなっている。

このジムカーナ・レッスンと同じ会場を使い、周回時の待ち時間を利用して行なわれたのが新型M5の体験試乗だ。前回は定常円走行での試乗プログラムだったが、今回はジムカーナと同じ特設コース。さらに前回のウエット路面に対して今回はドライという具合に走らせる状況を変えたので、たとえば前回参加した人なら多彩な環境下でM5の走りが実感できたはず。

M5体験試乗での走行は1トライと少なかったが、インストラクターが助手席に同乗してアドバイス。メンバーはル・ボラン本誌レギュラー執筆陣のひとりでもある山田弘樹氏に、今年スーパー耐久に参戦している銘苅翼選手とこちらも豪華だっただけに、乗用車系Mモデル初の4WDであるM5のキャラクターを確認するには十分な機会だったといえる。なお、M5についてはレーシングコースでもインストラクター陣のドライブによる同乗試乗を実施。600ps&750Nmのパワー&トルクがもたらす走りを、安心して楽しめる機会も用意された。

当日の模様をムービーでもお楽しみください

フォト:小林俊樹 T.Kobayashi/ムービー:宮門秀行 H.Miyakado

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる