【スクープ】次期「ミラージュ」は2019年にスイフトを迫撃

小野泰治
AUTHOR
2018/08/22 09:00

三菱が得意とするEV仕様も設定も?

三菱のコンパクトハッチ、「ミラージュ」の次期モデルに関する情報をキャッチ。今回のCGは、それを基にしたエクステリア予想だ。ミラージュといえば初代が1978年に登場、40年もの歴史を持つ三菱を代表する銘柄のひとつだ。国内では2000年に一度販売が終了となったが(海外ではコルトとして2002年まで販売)、2012年に復活。噂される次期モデルは、ミラージュとしては6代目となる。

その次期型だが、プラットフォームには日産とルノーが共同開発した「CMF B」を採用。次期日産ジュークとベースを共有すると見られる。フロントマスクは最新の三菱車に共通する「ダイナミックシールド」デザインが採用、全体のフォルムはエクリプスクロスにも通じるクーペテイストが強調される。CGはスズキ・スイフトスポーツがターゲットとなる高性能バージョンで、エクステリアはアグレッシブな造形のエアロパーツを組み合わせてみた。

搭載するパワーユニットは、最高出力95psを発揮する0.9リッター直列3気筒ガソリンターボがベーシックだが、1.5リッター直列4気筒ディーゼルターボの採用も予想される。また、三菱のモデルらしくEV仕様の設定も検討されているとか。ライバルのスイフトはすでに2017年にフルモデルチェンジ、2020年にはフェイスリフトを受けるというが、次期ミラージュはその間隙をつく2019年内に2020年モデルとして登場するという説が有力だ。

Courtesy of Apollo News Service

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる