初期モデルが働き続ける「ランドローバーの地」とは?

AUTHOR

ヒマラヤ地域の人々の生活を支える

今年で70周年を迎えたランドローバーはこのほど、記念イベントの一環として、あるドキュメンタリータッチのショートムービー、「ランド・オブ・ランドローバー」を公開した。

舞台はインドの西ベンガル州にある標高1523mのメイン・バンジャ。この地の住民は生活を維持するために、31km離れたヒマラヤ地域のサンダクプーまでの移動手段として、1957年から現在に至るまで、ランドローバーのクラシックモデル「シリーズ1」を愛用し続けている。

サンダクプーという場所は、標高3636mに位置する丘の上にある村だけに、道のりは険しい。たどり着くためには、急勾配や荒れた路面はもちろん、岩場を走破しなければならない。天候が崩れれば危険度がさらに高まることはいうまでもない。

彼らは日々このルートを往復するために、ランドローバーの卓越した走破性と耐久性に大いなる信頼を寄せているのである。

ファッションアイテムのようにクロスカントリー車に乗るユーザーが存在している一方で、生活を維持するための移動手段としてランドローバーが重要な役割を果たしていることを、このショートムービーはリアルに描き出している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる