“ザ・ワークホース”の「ハイエース」&「レジアスエース」に特別仕様が

H.Tanaka
AUTHOR
2018/08/08 11:55

50周年記念仕様は期間限定生産

トヨタは、「ハイエース」と「レジアスエース」に特別仕様車「スーパーGL“ダーク・プライムⅡ”」を設定。ハイエースには誕生50周年を記念した「スーパーGL“50THアニバーサリーリミテッド”」を加え8月6日に発売を開始した。後者については、2019年7月31日までの期間限定生産となる。

スーパーGL“ダーク・プライムⅡ”は、最上級グレードの「スーパーGL」がベース。外装は、ダークメッキを施したフロントグリル、バックドアガーニッシュを特別装備したほか、内装ではルーフ、ピラー、セパレーターバーをブラックでコーディネート。質感を向上させている。

また、スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションが特別装備されたほか、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)を標準装備。機能面も充実している。ボディカラーは特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)」を含む全5色。消費税込みの車両本体価格は、313万9560円~403万2720円だ。

ハイエースの誕生50周年を記念したスーパーGL“50TH アニバーサリーリミテッド”」も、ベースはスーパーGL。外装は、漆黒メッキを施したフロントロアグリルをはじめフロントフォグランプベゼルやフルホイールキャップに高輝度塗装を施すなど、より上質で落ち着いた印象に仕上げられる。

また、バックドアには50周年記念エンブレムを装備。内装ではルーフ、ピラー、セパレーターバーをブラック色仕上げとし、シート表皮にダークブラウン色のトリコット+合成皮革&ダブルステッチを採用。加えて随所に茶木目マホガニー調加飾やダークシルバー加飾を施し、記念モデルに相応しい高級感や上質感が演出されている。

さらに、50周年記念エンブレム付きのスマートキーや車名ロゴ&イルミネーション付きのスライドドア・スカッフプレートを特別装備。デュアルパワースライドドアやSRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)を標準化してプレミアムな限定車に仕上げられている。ボディカラーは、特別設定色の「グラファイトメタリック」を含む全6色。こちらの税込み車両本体価格は、324万円~413万3160円だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる