BMW X2【国内試乗】小型車の新しい地平を開拓

小野泰治
AUTHOR
2018/08/07 08:00

コンパクトSUV市場に新たな風を吹き込むBMWの会心作

“自分の道は自分で切り開く”という意味を込め「アンフォロー(UNFOLLOW)」を標榜しているだけに、従来のBMWにはなかったディテールをふんだんに備え、クーペ風ボディに仕立てられた新型コンパクトSUVのX2。ようやく国内で走らせる機会に恵まれたので、そのフレッシュな外観と乗り味を確認してみた。

クーペボディとはいえ実用性は高い

BMWの新作、X2に与えられたテーマはBMWの一員でいながら“それらしくないクルマ”というもの。ざっくりいえばクーペ風コンパクトSUV、BMWの中ではSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)の末っ子というのが実際の立ち位置になるのだが、確かに外観をチェックすると従来のBMWにはなかったディテールを確認することができる。

その代表格はキドニーグリル。いわずと知れたBMWデザインのアイコンだが、X2のそれは輪郭の下部が上部より長くなっている。クーペボディとはいえ実用性は高い近年のキドニーグリルは天地が薄く、左右のヘッドライトに近接する幅広の形状が基本なので、実車だと極端に印象が変わったようには見えない。しかし、「下辺」が「上辺」より長いキドニーグリルはBMWでも初なのだとか。

サイドウインドー後端を「く」の字に折り曲げるデザイン手法、ホフマイスター・キンクもX2では控えめだ。ウインドーの下辺が後席ドア後半からキックアップしてCピラーに繋がるので、遠目だと従来からの文法は守られているように見える。だが、もはやドアのアウトラインとは連続しておらず、スッキリしたグラフィックである一方、伝統的BMWの風情は少し薄くなった印象だ。

フォト:松本高好T.Mtsumoto /ル・ボラン 2018年9月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる