旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「寒風山パノラマライン(秋田県)」

2018/07/18 07:00

寒風山パノラマライン(No.022)
空中散歩の気分で360度のパノラマが楽しめる。

なだらかな海岸線が続く東北の日本海側にあって、一か所だけ海に向かって大きく突き出ているのが男鹿半島である。その付け根にそびえるのは標高355mの寒風山。寒風山パノラマラインはこの山頂間近を東西方向にゆったりと横切っていく。

東の内陸側から山頂直下の妻恋峠をめざして登っていくと、しばらくは木立に囲まれた見通しの良くないコーナーが続く。しかし、峠の2kmほど手前で視界は大きく開け、緑の草原に覆われた寒風山が目の前に姿を現す。そこから先は距離こそ短めながら、まるでビーナスラインややまなみハイウェイのような風景が展開。一面の緑のなかを気持ちのいい道が延びていく。

寒風山は約2万年前に生まれた小さな火山で、土地の保水力が低いため、背の高い木はほとんど育たなかった。そのため、古くから屋根を葺く茅や牧草の採取地として利用され、今でも毎年4月上旬には恒例の山焼きが行われる。阿蘇や美ヶ原と同じように、この寒風山もまた、自然の姿に人々の生活の営みが加わることによって維持されてきた美しい風景なのである。

さえぎるもののない山頂付近からは、男鹿半島や八郎潟の干拓地、南北に大きな弧を描く日本海の海岸線が眼下に一望。遠くには山形との県境にそびえる鳥海山、青森との県境に連なる白神山地も浮かび上がる。まるで地形図をそのままジオラマに仕立てたような360度の大パノラマである。

 

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる