ついに量産2輪車にもハイブリッドが登場

AUTHOR
2018/07/10 11:55

モーターのアシスト力を2モード設定

ホンダは7月6日、量産2輪車用として世界初となるハイブリッドシステムを採用した原付2種スクーター「PCXハイブリッド」を9月14日に発売すると発表した。税込車両価格は43万2000円だ。

PCXシリーズは、スタイリッシュな外観と環境性能に優れたエンジンなどで好評を得ているスクーター。PCXハイブリッドは、2018年4月に発売されたPCXをベースに、新たに搭載した高出力型48Ⅴ系リチウムイオンバッテリーをエネルギー源として、エンジン始動や発電を担っているACGスターターに駆動アシスト機能を追加。エンジンへのモーターによるアシストを行なうことで、従来の同クラスのスクーターを超える機敏なスロットルレスポンスや高い動力性能を実現している。

走行状況や、ライダーの好みに合わせてモーターのアシスト力を変更できる2モードを設定しているのも特徴。快適な走行と適度なアシストを両立して低燃費に寄与する「Dモード」と、アシストを強めてよりスポーツ性を高めた「Sモード」により、モーターアシスト特性の切り替えを可能としている。

電気駆動技術を用いたスクーターといえば、日本で2017年5月に発売されたBMW初の電動スクーター「BMW Cエボリューション」が筆頭に挙げられる。今回発表されたホンダPCXはハイブリッド仕様だが、いよいよ2輪車にも電動技術が浸透してきており、今後、他のメーカーからも登場することが予想できる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる