「アストンさま、お見事!」嶋田智之の【アストン・マーティン新型ヴァンテージ】試乗リポート

嶋田智之
AUTHOR
2018/07/07 10:00

デートに使うならDB11かな(笑)

ようやくステアリングを握ることができました、新型アストン・マーティン・ヴァンテージ。ひゃっほー! ……えっ? おまえは“イタフラ”じゃないのか、って? まぁル・ボラン本誌で連載してるくらいだから否定なんてできませんけど、実はこっちはこっちでヲタクっぽいくらいに好きなんです。そんなこといわずにしばしおつきあいくださいまし。

さて、ヴァンテージといえば、先代はFRスポーツカーとしての理想といっていいぐらいの絶妙なハンドリングが、それを味わっちゃったドライバーの間で抜群に高い評価を得ていたモデルでした。昨年の11月に世界同時発表となった新しいヴァンテージがもちろんそこを越えてくるだろうことは想像ができてたけど、「ならばどんな風に?」そして“あくまでもグランツーリスモ”といいつつも充分に先代ヴァンテージと張り合えるDB11 V8と、「どんな違いが?」僕としては、それはもうメチャメチャ興味津々だったのでした。

で、いきなり結論めいたことを申し上げちゃいますが、新型ヴァンテージ、「お見事!」です。街中、首都高速、高速道路、そしてワインディングロード。いろんなシチュエーションでとっぷりと走らせてみて、僕は確信しちゃったのでした。スポーツドライビングというものを純粋に楽しみたいなら、「これはアストン・マーティンのロードカー史上最強といえる存在である」と。残念ながらクローズドコースは未体験だし、サーキットこそがこのクルマの最も活きる場所だって簡単に連想できちゃったけど、それでも僕のその印象はまったく間違ってないと思うのです。

いや、すべてにわたって最高だ、というつもりはありません。正直に白状するなら、クルマを受け取って都心を走りはじめた100mほどで「……ん?」と感じたところはあったし、決して路面がいいとはいえない首都高速では「うわ……」と思ったところもあったのです。どういうことかといえば、ライドフィール、これまでのアストンの方程式からすると、かなりハードめな印象なのです。

昨今のアストンはエンジンのトルク特性や変速スピードといったパワートレイン系とアダプティブダンピングシステムの減衰などのシャシー系を、それぞれ別に選択できるようになっていて、ヴァンテージでは「スポーツ」「スポーツプラス」「トラック」から選べるんですけど、最も標準的でソフトな「スポーツ」で走っていても、路面のギャップや大きなうねりをキッチリ伝えてきます。首都高速で「トラック」に入れてちょっと元気よく走ってみたりすると、継ぎ目などでは“もしかして今、飛んだ?”と思えるほど活きのいい動きを見せることもあるくらいハードです。

それにロードノイズも結構大きめだし、3000rpmも回すと車内はわりと賑やか。もちろんそれらには“アストン・マーティンにしては”という但し書きが頭につくわけで、基本的な乗り心地はほどほどに良好で粗さもないんですけど、例えばDB11のようなエレガントな乗り味を期待してヴァンテージを走らせると、少し意外に感じるかも知れません。着座位置が素晴らしく低いことで気分が盛り上がるから、僕なんかは高速道路の巡航でも「トラック」を選んで『車体全体がビシッと引き締まった感じでまっすぐ走るのも楽だぜー』なんて喜んでる。少しも苦じゃないのですけど、それでもデートに使うならモードは「スポーツ」固定にして道も選ばなきゃなぁ~、なんてありもしないシチュエーションを思い浮かべたほどでした。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる