【海外試乗】フェラーリ最強のハンドリングマシンだ! フェラーリ 488 ピスタ

相澤隆之
AUTHOR
2018/07/06 07:30

サブネームはサーキットの意

今年3月のジュネーブ・ショーでデビューを飾った「488ピスタ」は、いわば488GTBの高性能版といえるモデル。パワーアップしたエンジンにアップデートされた空力性能、そして軽量化が図られたボディは、いったいどんなパフォーマンスを見せつけてくれたのか?

 

パワフルなエンジンに正確なハンドリング

フェラーリのV8モデルは、量産バージョンの発売後、ワンメイクレース用がリリースされ、高性能版が続く、という流れになっている。それは最新の488でも例外ではなく、まずは「488GTB」、次に「488チャレンジ」、そして3月のジュネーブ・ショーでお披露目されたのが、この「488ピスタ」だ。ちなみにサブネームとなる「ピスタ」はイタリア語でサーキットを意味する。ということはサーキット性能に特化した、極めてスパルタンなモデルなのかと思いきや、その予想は後に、大いに裏切られることになった。

3.9リッターV8ツインターボユニットはベースとなる488GTBより50ps/10Nmアップの720ps/770Nmを発生。ターボラグも解消しレスポンスも向上したほか、エキゾーストサウンドもNAユニットのようにチューニングしたという。

さて、まずはスペックからみていこう。488ピスタにおける最大のハイライトといえるのは、やはりエンジン。ベースとなる488GTBの3.9リッターV8ツインターボは、インテーク&エキゾースト周りの最適化や、バルブリフト量のアップ、ターボチャージャーの改良などにより、最高出力は実に50psアップの720ps、最大トルクは10Nm上乗せの770Nmを発生する。一方で、車体ではカーボン製パーツをフロントボンネットとバンパー、リアスポイラーとバンパーに使用。そしてエンジン周りでは、F1技術を流用したチタン製コンロッドや、488チャレンジと同様のエキゾーストマニフォールド、クランクシャフト&フライホイールをエアインテークに用いることなどにより、トータルで90kgの軽量化を実現した。これによりフェラーリ史上、量産車では最小となる1.78kg/psというパワーウエイトレシオを達成しているという。

 

フロントボンネットとフロントバンパー、リアスポイラーとリアバンパー等、その他エンジン単体の重量も減らすことで、488GTBよりトータル90㎏もの軽量化を実現している。

これだけのパフォーマンンスアップを果たしていれば、気になるのは冷却についてだが、フロントのラジエターやエアインテークの配置を488チャレンジと同様に変更したり、インタークーラーを高い位置へと移動するなどで対応。488GTB比で20%の向上を実現しているとのことだ。

ドアパネル等、室内にもカーボンを多用。

さらにエアロダイナミクスも大幅なアップデートが施されている。そのうち、ひと目でわかるのがフロント周りのデザインだ。488GTBではスムーズなラインを描いているバンパーとボンネットだが、ここにF1からの技術をフィードバックしたSダクトと呼ばれるエアアウトレットを採用。バンパー下部からの気流を増大することで、より多くのダウンフォースを発生させている。それ以外にも、フロントバンパー脇やアンダーボディ、リアスポイラー&ディフューザーを流れるエアをコントロールすることで、488GTB比で、ダウンフォースを20%アップさせることに成功しているのだ。

と、大幅にパフォーマンスが向上している488ピスタを、今回はフェラーリの本拠地となるマラネロ周辺の一般道と、テストコースのフィオラノサーキットで試乗することができた。

 

ル・ボラン 2018年8月号

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる