新たなフォルクスワーゲンSUV、「Tクロス」とは?

AUTHOR

ワールドプレミアは今秋

フォルクスワーゲンは、新型コンパクトSUV「Tクロス」を今秋にも世界初公開すると発表。1点のデザインスケッチ及び動画を公開した。

現在フォルクスワーゲンのSUVはサイズの大きい順に、トゥアレグ、ティグアン・オールスペース、ティグアン、Tロック(日本未導入)と4モデルラインナップされている。Tクロスは、Tロックよりもさらにコンパクトなサイズで、全長は4107mmになるとのこと。

VW Tロック(日本未導入)

このTクロスは2016年に発表されたコンセプトカー「Tクロスブリーズ」を市販型へと昇華させたモデル。VWのモジュラープラットフォーム「MQB」が用いられることや、新世代運転支援機能として「フロントアシスト(周囲交通監視システム)」や「レーンアシスト(車線逸脱警報システム)」が搭載される予定だ。

なお、下記の動画では、VWのセールス&マーケティング責任者のユルゲン・スタックマンと、VWブランドのデザイン責任者クラウス・ビショフがTクロスを説明している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる