マニア必見! ジムニーマイスターが教える「新型ジムニー」のツボ!【インテリア デザイン編】

2018/07/05 10:50

ジムニー史上最高かつ最良のインテリア

歴代ジムニーの中で、過去最高かつ最良となったのがインテリアだ。ジムニーに求められる本質は機能。それを最大限に表現し、かつ快適性や安全性にも配慮されているのがその理由だ。安全面は別項にゆずり、ここでは機能性と快適性にスポットを当てよう。

2代目にまで装備されていた助手席のアシストグリップが復活。パネルやグリップ表面は耐傷付き性と汚れ除去性のあるシボにするなど、徹底して機能性を追求している。

機能性で注目なのが、メーターパネル下から助手席のアシストグリップまで走る水平基調のライン。これは車両の傾きを直感的に把握しやすくするための水準線。また、その水平のラインはドアパネルにも続き視覚的な広がりを見せる工夫もなされている。悪路を走る上で必要なトラクションコントロールやヒルディセンドコントロールなどのスイッチは、センターコンソールに集中させており、瞬時にこのスイッチもグローブをした状態でも操作しやすいような大きさとなっている。

メーターパネルから助手席へと伸びる水平のラインは車両姿勢を把握する基準となるべくデザインされている。

実際に室内に収まってみて感心したのがその広さ。スクエアなボディとなったことで頭上が広く快適だ。こういったパッケージはさすがスズキである。また、シートもサイドサポートが身体を保持しつつ、ステアリング操作などで大きく動く肩まわりは動かしやすい形となっている。さらに、3代目の初期型で可能だったフロントシートを倒しての「ほぼフルフラット」が復活しているのも大きなポイント。山登りや釣りでの仮眠に活躍するだろう。さらに、大きく開くリアゲートや取り外し式のラゲッジボックスなど、インテリアの装備も実用性を考え抜いて作り込まれている。

3代目前期のみで可能だったフラット化が新型ジムニーで復活した。登山や釣りの仮眠や悪天候時のシェルターとしても使えるだろう。

 

Photo&Text:石上智章

おすすめ記事一覧