【海外試乗】もう一度ワゴンに乗りたくなる! ボルボ V60

AUTHOR
2018/07/04 17:30

SUV全盛のいまだからこそ輝きを増す
良質なツールとしての機能と存在感

XC90以降、新世代のプラットフォーム&パワートレイン戦略を成功に導き、いま勢いに乗るボルボが放つ次なる一手は、かつて1990年代に一世を風靡した850シリーズの再来を予感させるミッドサイズ・エステートの最新作。背の高いクルマが幅を利かせるいまだからこそ、思わず振り返ってしまうほどの存在感がそこにはある!

なにからなにまでジャストフィット

冒頭からなんだが、特にレクチャーもなくスッと運転席に乗り込み、スターターを捻ってサッと走り出し、ものの数分で波長が合うクルマなんて、そうザラにあるもんじゃあない。2月下旬、スウェーデンのストックホルムで行なわれたワールドプレミアに立ち会って以降、イメージはしていたものの、今度のV60は出足から仕立てのいい軽快なジャケットを羽織ったときのように身体にフィット、自然と車両の隅々にまで神経が行き渡るかのような一体感に包まれる。経験上、ファーストコンタクトでこうした印象を受けたクルマにまず外れはない。

まずは、そのジャストなボディサイズ。基本的な成り立ちは、90シリーズやXC60と共通のSPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー)をプラットフォームとする第5弾で、実質的な兄弟車となるXC60
とはメカニカルコンポーネンツの多くを共有。一方、ボディタイプでいうとワンクラス上のV90と同様にスマートでスポーティなスタイリングは、それだけでも十分に魅力的に映る。

ただしデイリーユースを前提にすると、そのV90に対して大きなアドバンテージとなるのがボディサイズで、全長は4761mm、全幅は1850mm、全高は1427mmと、全長4.9m超、全幅約1.9mのV90に比べると、実際にステアリングを握っての扱いやすさは数値以上に説得力があるものだ。両車ともにスクエアなフォルムゆえ、幹線道路を走らせている限りサイズを意識することはほぼないが、おそらくV90であれば一瞬躊躇するであろう街中の狭い路地へも臆することなく入っていけるのが今度のV60。ボルボは新型を“プレミアム・ファミリーエステート”と謳っているが、これなら毎日の通勤や買い物などでもストレスフリーで使いこなせるはずだ。

 

ル・ボラン2018年8月号

おすすめ記事一覧