「刺激的だけど快適!」萩原秀輝の【BMW新型X4】国際試乗会リポート

大幅に進化した派生SACモデル

SUVとクーペを融合させたSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)として生まれたBMW X4が第2世代へと進化。従来型は日本市場では目立たないが、2014年のデビュー以来20万台が販売された人気モデルだ。今回国際試乗会に参加した新型モデルは、SACとしての価値を強化した「エクスプレッシブ・アスリート=表現上手な行動派」というポジションが与えられていた。

新型X4は、走りを強化しつつ洗練度にも磨きをかけている。リアのトレッドをX3よりも30mmワイド化。ボディは強度を上げた高張力鋼板の使用範囲を拡大し、従来型と比べて軽量化しながらX3よりも剛性をアップ。後席の居住空間では膝と前席背もたれの間に+27mmの余裕を確保し頭上の窮屈感も改善された。

ハンドリングコースで試乗したのは、日本には導入されない3リッター直6ディーゼルツインターボを積む「X4 M40d」だ。ガソリン仕様の3リッター直6ターボを積むM40iは導入予定なので、操縦安定性を試すには絶好の機会。実際に、操縦性が超正確なので自信を持って突っ込める。DSC(横滑り防止装置)を解除してもコーナー進入から途中までは安定性が確保され、脱出で一気にアクセル踏み込むとテールスライド。だが、コントロール性が高いだけに慌てずに済んだし、スキッドパッドでは大胆なドリフト走行まで楽しめた。

一般公道では日本に導入される「X4 xDrive30i」に試乗。252ps仕様の2リッター直4ターボは低回転域から充実したトルクを発揮し、高回転域ではパワフルに加速。それでいて、驚くほど静かで一定速度を保つとエンジン音は耳に届かない。ザラついた路面を通過する際のゴーッというロードノイズは、5シリーズと同等レベルに抑えている。乗り心地は快適で、未補修路などで大きな衝撃が入るとドシッという音を発するものの、突き上げなどの不快感とは無縁でいられた。

この新型X4の日本市場への導入時期は2018年の秋口。184ps仕様の2リッター直4ターボを積むxDrive20iを含め期待度は特大だ。SUVでありながらスポーティでスタイリッシュ。走りの刺激度が高いにもかかわらず、日常的な場面では従来型を超える快適性が確保されている。詳細なリポートはル・ボラン9月号(2018年7月26日発売)にて!

リポート:萩原秀輝 H.Hagihara

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる