旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「大山環状道路/蒜山大山スカイライン(鳥取県/岡山県)」

大山環状道路(No.072)
さまざまに表情を変える孤高の山を仰ぎ見ながら走る。

なだらかな中国山地にあって、ただひとり異彩を放っているのが大山である。この山は古いカルデラの上に巨大な溶岩ドームが成長した成層複式火山で、最高峰は剣ヶ峰の1729m。標高だけをみると大したことがないように思えるが、周囲に並ぶ者のない独立峰だけに、遠くから見てもひと目でそれとわかる。

そんな大山の標高800m前後の中腹をぐるりと一周する県道が大山環状道路である。この道のいちばんの魅力は車窓からの眺めが実に変化に富んでいること。何より驚くのは、環状道路の中心にそびえる大山が、見る場所によって、まるで別の山のように大きく山容を変えていくことだ。

主峰の剣ヶ峰を中心に弥山、三鈷峰と山頂の稜線が東西に連なる大山は、その南面と北面が鋭い刃物でえぐられたように崩落している。まるで巨大な鉈の刃を天に向かって突き上げたような形状なのだ。そのため、南の鍵掛峠から眺めると、目の前に断崖絶壁がそそり立ち、北の一息坂峠あたりからは本州のアルプスの高峰群のように荒々しく岩肌がむき出しになっている。

一方、崩落面が見えない西の米子側からは、山頂まで緑におおわれた端正な円錐形をしている。伯耆国(ほうきのくに・鳥取県)にありながら、古来『出雲富士』とも呼ばれてきたのはそのためである。

道も、景色も、山の姿も、めまぐるしくその表情を変えていく。

南麓を走る国道482号・内海乢(だわ)から眺める大山。ここからだと荒々しい南側の崩落面がはっきりと見てとれる。

◎通行料金/普通車1250円(片道)
◎区間距離/約16km(伊勢市-鳥羽市)
◎冬季閉鎖/なし・7:00-19:00(夏季などは延長)
◎撮影時期/5月上旬

 

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる