ボルボが初のアメリカ工場を開設

H.Tanaka
AUTHOR
2018/06/22 12:00

最初の生産車はミドルセダンのS60

ボルボ・カーズは、米国サウスカロライナ州チャールストンに同社初となる米国工場を開設した。これにより、ボルボ・カーズは3つの主要販売地域すべてに工場を持つことになった。この米国工場は、欧州における2つの製造工場および1つのエンジン工場、中国における3つの製造工場と1つのエンジン工場、そしてインドおよびマレーシアにおける組立工場を補完するものとなる。

このチャールストン工場では、2018年秋にボルボの中大型車プラットフォームである「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」をベースにしたミドルセダンである新型S60の生産を開始。2021年からは次世代大型プレミアムSUV、XC90を生産する。同工場で生産される車両は、米国国内市場向けおよび国際市場への米国からの輸出向けとなる。

ボルボ・カー・グループCEOのホーカン・サムエルソンは、「チャールストン工場は、米国をボルボの第3の市場として確立させる役割を担っています。セダン・セグメントおよびSPAは収益性向上への実績があり、米国のみならず世界のボルボ・カーズにとって大きな成長の機会を提供するでしょう」とコメントした。

ボルボ・カーズは、米国における製造事業に約11億米ドル(約1,200億円)を投資しており、チャールストンにおいて今後数年間で約4,000名の新規雇用を創出する予定。今年末までに約1,500名の従業員を採用する。

ボルボ・カー・アメリカの社長兼CEOであるアンダース・グスタフソンは、「ボルボ初の米国工場の開設は、とても重要な出来事です。ボルボの米国での事業は順調に発展しており、ボルボ車は栄誉ある数々の賞を受賞しています。サウスカロライナ州のこの新しい製造施設は、ボルボ・カーズと同地域の両方にとって、大きな資産となることでしょう」と語った。

チャールストンの新しい製造施設には研究開発、購買、品質、販売の各部門で最大300名のスタッフが従事する事務所棟があり、工場がフル稼働した場合、年間15万台の車両を生産する能力を持っている。同工場の敷地は1,600エーカーを占め、建物の占有面積は230万平方フィートにもなる。

TAG :

おすすめ記事一覧