「統べよ、ブリタニア」英国製スポーツカーが国を救った頃【新書紹介】

Rule Britannia
-When British Sports Cars saved a Nation-

「第二次大戦以降に世界中で沸き起こった英国製スポーツカーの流行に注目し当時の名車を鑑賞しながら、その意味を理解し素晴らしさを讃えよう。」

そんな高い志をもって作られた写真資料集が「Rule Britannia-When British Sports Cars saved a Nation-」である。

戦後を代表する英国8社の歴史を紐解きながら、当時の英国経済状況におけるスポーツカーの成功の理由と背景を探り、その謎を明らかにしていく。

なかでも、MINIを手掛けたブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)の技術者アレック・イシゴニスがその奇才がゆえに生じた軋轢など、各メーカー創設者やデザイナーが築いた栄光と歴史的意味までを客観解説。アストンマーティンはDB5まで、ジャガーはEタイプまで、MINIに至ってはほぼ初代クーパーSの一車種にその解説は終始するものの、十分に満足できる一冊になっている。

一貫した優雅さをもたらす豊富なグラビアは、著名ミュージアム写真家M・ファーマンの手によるもので、柔らかな光の中に名車の佇まいを収めている。

英国製スポーツカーはその後、悲壮な終末を迎えることになり、続いて成功を収めていくのが日本車であることを含め意味深いが、そうした史実を除いても英国製スポーツカーを並べ見られるのは楽しいはずだ。

スポーツカー市場を力強く支配した英国魂のまばゆさを確と堪能しよう。

 

Rule Britannia
-When British Sports Cars saved a Nation-
著者:John Nikas&Michael Furman(著)
出版社:Coachbuilt Press
ハードカバー・スリーブケース入り/W250×H320/カラー・モノクロ/300p/英語
価格:16,632円 (税込) 

情報提供:代官山蔦屋書店

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる