アウディが残価保証型ローンを導入

H.Tanaka
AUTHOR

全モデルで最終回支払い時の清算が不要に

アウディジャパンは、車両本体価格の一部を最終回の支払額(残価)として据え置き、残価と同額での車両の買い取りを保証する残価保証型ローン「アウディ・フューチャードライブ」の本格導入を開始した。この商品は、アウディ・ファイナンシャル・サービスにより提供される。

アウディ・フューチャードライブは、アウディの将来の車両価値を保証。月々の支払いの軽減とともに、ユーザーへの安心感を両立させたローンプログラムとなる。

アウディジャパンでは、これまで据置設定型ローン「アウディSローン」で車両本体価格の一部を据え置き、月々の支払いを軽減する支払いプランを提供している。アウディ・フューチャードライブでは、新たに残価保証を加えることで最終回支払時に原則として清算の必要がなくなり、ライフステージに合ったアウディ車の利用や乗り換えが容易になった。

また、購入時に「アウディ・フリーウェイ・プラン」や「アウディ・フリーウェイ・プラス・ライト」といったメンテナンスプログラムや、延長保証プログラムである「アウディ・カーライフ・プラス」などを組み込むことも可能。ユーザーは、より安心してアウディとの生活を楽しめる。

なお、支払い回数と期間は36回(3年)/48回(4年)/60回(5年)が選択できる。最終回の支払い時にはアウディ車への新規乗り換え、車両の返却、継続利用(残価を再分割または一括支払い)という選択が可能となる。詳細は下記ウェブサイトを参照のこと。

http://www.vfj.co.jp/audif/services/audifuturedrive.html

 

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる