BMW 新型8シリーズ・クーペがル・マン24時間の会場でアンベール

ル・マン復帰と同時に8クーペ復活!

   ル・マン24時間レースの熱気に包まれた仏サルテサーキットのレースウィーク。世界中から詰め掛けたVIPゲストが見守る中、BMW の新型8シリーズ・クーペのワールドプレミアが華々しく行われた。

  特設ブースでアンベールされたのは、最高出力530psを発揮する4.4リッターV8ツインターボ搭載の、高性能モデルにあたるM850i xDriveクーペと、3リッター直6ディーゼルターボの840d xDriveクーペだ。

  市販モデルに先行してデビューさせたレーシングマシンのM8 GTEで、ル・マン24時間レースへの復活参戦を果たしたBMW モータースポーツだが、彼らと共にストリートカーとレーシングカーを並行して共同開発を行っていたというストーリーには感銘を受ける。

  実際にワークスドライバーのマルティン・トムチックが両車の開発ドライバーも務めたとあり、極限まで追求された走りへのこだわりはさすがだ。芸術作品のようななめらかな曲線を描くボディラインに、まるで美しく引き締まった筋肉を見るかのように浮き出るホイールハウジングが斬新で思わず惹きつけられてしまう。

  高級感溢れるラグジュアリークーペの世界においても、BMW が誇るスポーティでダイナミックなモータースポーツの躍動感が存分に楽しめるのだから、わがままで欲張りな顧客を満足させるに違いない。

ドイツ人のスーパーモデルでBMW Mのブランドアンバサダーを務めるレナ・ゲアケも華を添えた。

フォト&リポート:池ノ内みどり M.Ikenouchi

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる