「ゼロクラウン」以来の大変革!? 次期【トヨタ・クラウン】プロトに試乗

塚田勝弘
AUTHOR

東京モーターショー2017でコンセプトが披露された次期型クラウンのプロトタイプに最接近! 詳細なスペックはいまだ明らかにされていないが、その概要と試乗インプレッションをお届けしよう。

「アスリート」「ロイヤル」「マジェスタ」は廃止!?

 ニッポンを代表する上級サルーンといえるトヨタ・クラウン。現行モデルでは、スポーティな「アスリート」とコンサバな「ロイヤル」、上級サルーン「マジェスタ」を擁しているが、次期型ではこのシリーズを1本化し、「トヨタ・クラウン」とだけ名乗るようだ。この点については、すでにアスリート比率が高まっている現状と、マジェスタの販売比率などを分析した上での結論だろう。会場に現れた次期クラウンのプロトには、現行アスリートの「稲妻グリル」と現行ロイヤルの「ハット(帽子/王冠)グリル」を融合させたイメージのフロントグリルが与えられていた。

 さらに歴代の「クラウン」では、逞しいCピラーが印象的だったが、先述のコンセプトカーでも披露されたとおり、クラウン史上初の「6ライト」が採用されCピラー後方に「窓」が加わったことで、クーペライクなサイドビューと若々しいイメージを手に入れている。

 全幅1800mmというクラウンならではの設定により、従来モデルを前後から(とくに後方)から眺めるとややスクエアなフォルムが特徴的であった。が、次期型ではトランクルーム容量(ゴルフバッグ4セット分)といった実用性を確保しながら、かなり絞り込んだデザインに挑戦している。これは、よりスタイリッシュなフォルムで若返りを狙ったものだろう。

スムーズなパワートレインと安定感ある走り

 パワートレインには2リッター直噴ガソリンターボ(出力をアップ)と、2.5リッター、3.5リッターのハイブリッドが用意され、FRを基本に2.5リッターには4WD仕様も設定している。ガソリンターボには8速ATを、3.5リッターのマルチステージハイブリッドには10段ステップ制御のCVT(パドルシフト付)を組み合わせ、スムーズかつパワフルな走りを実現している。もちろん、従来から非凡なNVH性能もアップデートされているが、走りの面で大きな進化といえるのが操縦安定性だ。ロールの収束(減衰)速度を高めてボディのフラット感を改善したがゆえか、操舵に対する素直な挙動が確かめられた。

 現行と次期型を乗り比べてみると、ボディの剛性感と安定性が引き上げられているから、タイトコーナーなどでステアリングを切り足すようなシーンは減るだろう。同モデルの開発主査がドイツ・ニュルブルクリンクで走りを確認した際に、「思ったよりもポテンシャルが高かった」とコメントしたそうだが、実際に走行してみれば、レクサスLSやLCのプラットフォームをナローにした「TNGA-L」の実力の高さを確認できた。

 そのほか、身体とのフィット感が高まったリアシートに代表される快適な乗り味など、これまでの「クラウンらしさ」と「新しさ」の融合が随所に感じられる。開発陣はオーナーの年齢層が上がることに危機感を覚えていたようだが、次期クラウンのプロトタイプに触れた限りでは、その快適性はもちろん、思い切り走りを楽しみたいという、ミドルエイジのハートを射止めんばかりのスポーティな走りが印象的だった。

トヨタ自動車 https://toyota.jp/crown_concept/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる