ホットハッチの代名詞VW「GTI」3モデルが揃い踏み!

萩原充
AUTHOR

嬉しい「GTI」の充実ぶり

 フォルクスワーゲン グループ ジャパン(以下VW)は、同ブランドが誇る高性能ホットハッチ「GTI」シリーズの3モデルを同時発表。6月8日(金)に東京都内で開催された発表会では、同社のティル・シェア代表取締役社長自らがプレゼンテーションを行い、優れた日常生活のパートナーであるゴルフがヒツジの皮を被った狼となる痛快さに触れ、初代ゴルフGTIから40年以上に渡って連綿と続くホットハッチの歴史と魅力をアピールした。

DJピストン西沢さん(写真右)とのトークセッションで少年時代のエピソードを披露したティル・シェア社長(写真中)。

 今回発表された「up!」「ポロ」「ゴルフ」の3モデルには、いずれもGTI伝統のアイコンである内外装のレッドラインやタータンチェックシート、ハニカムグリル等を受け継いだ専用デザインが与えられ、まさに「小が大を喰う」高い動力性能や先進運転支援技術、最新のインターフェイス技術が投入されている。


 シェア社長によれば、VWブランドのGTIが3モデル揃ったのは2005年以来13年ぶりとのことで、ユーザー自身のライフスタイルに合わせてモデルが選べることからも、「GTI」セールス世界トップ5の日本市場に大きな期待を寄せていた。


 なお、限定600台で初設定された「up! GTI」とゴルフⅦの特別仕様車「ゴルフGTIダイナミック」が発表会当日から、4世代目となる新型「ポロGTI」が7月3日から全国VW正規ディーラーで販売をスタートする。

GTI 特設サイト https://sp.volkswagen.co.jp/gti/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる