豪華絢爛なレジェンドたちが集うもうひとつのモナコ・グランプリ

2018/06/04 18:00

第11回モナコ・ヒストリック・グランプリ

 ダニエル・リカルドが快心の勝利を挙げたF1モナコ・グランプリの2週間前に“もうひとつのモナコ・グランプリ”が行われたのをご存知だろうか? それが2年に一度、同地で開催されるヒストリックカーレース、 “モナコ・ヒストリック・グランプリ”である。

プールサイドを走る1970年型のフェラーリ312B。オーナー&ドライバーは85年のル・マン・ウィナーで、元F1ドライバーのパオロ・バリッラ。

150台以上のF1マシンが集結!

 

 さる5月11~13日に行われたこのイベントは今回で11回目。もともと1997年にモナコ建国700周年を記念して行われた“余興のひとつ”に過ぎなかったのだが、いまや世界中からVIPたちが集まる世界で最も豪華なヒストリックカーレースとなった。

1967年のモナコGPで、モナコのレーニエ大公がグレース王妃を乗せてパレードしたことでも知られる、ランボルギーニ・マルツァル。その故事にちなみ、日曜には息子のアルベール2世がドライブするサプライズも!


 その理由はただひとつ。行われるレーシングコースも、施設もすべてホンモノ本物のF1グランプリとまったく同じものが使われるからだ。そのために回を重ねるごとに参加者が増加。これまではF1以外にも様々なカテゴリーが組まれていたが、今年は戦前のGPカー、1950年代のレーシングスポーツカー以外の5クラス(年式によって区分される)はすべてF1カテゴリーとなり、その総数は実に150台以上を数えるまでになった!

ジム・クラークの乗ったロータス25のコクピットに収まるエマニュエル・ピロ。傍にいるのは、当時からこのクルマのメカニックを務めるボブ・ダンス。

 

リポート&フォト:藤原よしお Y.Fujiwara

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる