フォルクスワーゲン・ザ・ビートルの限定モデル発売

H.Tanaka
AUTHOR

‟お別れ”に向けた第3弾

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、2019年に日本でのザ・ビートルの販売が終了することに伴い、ファンへの謝意を表す“See You The Beetle キャンペーン”を実施している。今回、その第3弾として専用ナパレザーシートやインチアップしたアルミホイールなどを装備した限定車、「ザ・ビートル・エクスクルーシブ」を29日から全国の正規ディーラーで発売している。

ボディカラーは、ディープブラックパールエフェクトとピュアホワイトの2色を用意。限定販売台数はディープブラックパールエフェクト250台、ピュアホワイト250台の合計500台で希望小売価格は333万円だ。

ザ・ビートル は、フォルクスワーゲンの原点であるオリジナルビートル、「タイプ1」をオマージュした新世代ビートルの2代目。日本導入は2012年で、現在までに約35,000台(含むカブリオレ)が販売されている。

今回の限定車は、ザ・ビートル・デザインがベース。ベージュ&ブラックのツートーンカラースポーツシートはダイヤモンドステッチが施された上質なナパレザー仕上げで、華やかで高級感のあるインテリア空間を演出。ダッシュパッド、ステアリングホイール、ドアトリムは、ブラックに統一されておりシートカラーを一層引き立てている。

エクステリアでは、インチアップした18インチアルミホイールやダークティンテッドガラス、LED テールランプがスタイリッシュで洗練された印象を演出。装備面でもフォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステムの“716SDCW”やシートヒーター、2ゾーンフルオートエアコンディショナー、パークディスタンスコントロール(フロント/リア)とリアビューカメラなどを標準化するなど、充実した内容に仕上げられている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる