旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「志賀草津道路(群馬県/長野県)」

2018/05/30 07:00

国道最高所を越えてゆく日本の代表的山岳ルート。

群馬県の草津温泉と長野県の湯田中渋温泉郷をつなぐ国道292号・志賀草津道路は、日本の国道最高地点、標高2172mの渋峠を越えていく。草津温泉側から走り始めると、最初の3-4kmこそ「よくある林間のワインディング」といった雰囲気だが、高度を上げるにつれて、周囲の風景はダイナミックに変化していく。

 

万座温泉郷との分岐の先はヘアピンの連続。

まず現れるのが殺生河原。硫化水素ガスが発生するため、あたり一帯には草木一本生えず、焼けただれた岩がごろごろしている。そこから直線とタイトターンの繰り返しで急斜面を駆け上がっていくと、やがて真っ白な岩肌をさらけ出す草津白根山が見えてくる。このあたりで振り返れば、眼下には草津の温泉街、遠くには赤城や榛名など上州の山並みも一望にできる。

万座温泉への分岐を過ぎると、道は再び九十九折りとなり、ここを登りきると森林限界を越えた稜線上に飛び出す。そこから先、標高2050mの山田峠から最高地点の渋峠を越え、長野県側に少し下ったところにある横手山ドライブインあたりまで、距離にして5kmほどの区間に展開する山岳風景は圧倒的ですらある。

 

国道最高地点は渋峠から数百m群馬県寄りにある。

万座山、横手山、志賀山といった2000m前後の頂きが目の前に連なり、その向こうには3000m級の北アルプスの高峰群がそびえ立つ。まるで天上世界を駆け回っているような気分になってくる。

 

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる