ボルボが社内から排プラスチックを追放!

AUTHOR
2018/05/24 19:25

持続可能な製品で環境負荷低減を促進

ボルボ・カーズはこのほど、2019年末までにボルボの世界中のすべてのオフィス、社員食堂、イベントで使い捨てプラスチックの使用を止めると発表した。この決定は、ボルボ・カーズが積極的に支援する国連環境クリーン・シー・キャンペーンを反映したもので、地球規模での環境負荷を最小限に抑えるという決意を強調している。

ボルボ・カーズは、カップ、食品容器、ナイフやフォーク、スプーンなど、2000万個以上の使い捨てプラスチック製品を紙、パルプ、木材などの生分解性原料を使用した持続可能な製品に置き換える予定。これにより、従業員ひとりあたり年間500個以上のプラスチック製品の消費を減らすことができる。プラスチック製品からの置き換えは段階的に実施され、使い捨てプラスチック製品は2018 年末までに世界中で実施される新車発表会のほか、中国、ベルギー、米国、スウェーデン、マレーシアのボルボの施設にあるすべてのオフィスや食堂で使用されなくなる。2019年には世界の直営インポーターで、イベントを含めて使い捨てプラスチック製品を根絶する。

ボルボ・カーズでは、2018年の発表後からだけでも、140トン以上の使い捨てプラスチック製品を非プラスチック製の代替製品に置き換えることができると予測。ボルボ・カーズ・サステナビリティ・ディレクターのスチュアート・テンプラーは次のようにコメントしている。

「プラスチック汚染は、私たちの時代の環境に対する重要課題のひとつです。私たちはその責任を真剣に受け止めています。このグローバルな問題に取り組むうえで、私たちはその役割を果たす必要があります」

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる