キャデラックXT5クロスオーバーの世界を表現する「究極の一皿」

AUTHOR

国際的に活躍中の和食の伝道師が提案

ゼネラルモーターズ・ジャパンはこのほど、ニューヨークで活躍中のフードディレクター兼“One Rice One Soupプロジェクト”代表の中東篤史氏とコラボレーション。キャデラックXT5クロスオーバーからインスピレーションを得た究極の一皿を提案する。

キャデラックのブランドメッセージでもある“Dare Greatly”は、恐れることなく、果敢に新しいことに挑戦することを意味している。まさにこの精神を持ち、和食の伝道師として国際的な活躍を展開している中東氏に課されたテーマは、「日本とニューヨークの食をクロスオーバーし、アメリカンラグジュアリーを表現した、キャデラックならではの究極の一皿を提案せよ」である。

中東氏がキャデラックXT5 CROSSOVERを駆り、インスピレーションを得ながら日本の食を見つめ直し創り上げた究極の一皿を、6月29日(金)〜30(土)の2日間、中東氏が料理監修を務める「朝食喜心 鎌倉」(神奈川県鎌倉市)にて、ひとり1万円(税別・お飲み物代別)で体験することができる(事前予約が必要。問い合わせは朝食喜心 鎌倉まで)

また6月9日(土)〜10日(日)の週末には、全国のキャデラック正規ディーラーにて、「THE TASTE OF CADILLAC FAIR」を開催。中東氏監修の和菓子が来場プレゼントとして用意されている。

いずれのイベントも、キャデラックの本拠地であるニューヨークスタイルを体現し、世界のプレミアムカーを牽引してきたアメリカンラグジュアリーブランド、キャデラックの世界観が存分に堪能できるものとなっている。興味ある方は、ぜひ。

「中東篤志(なかひがし あつし)」
フードディレクター/“One Rice One Soup プロジェクト”代表
代々、京都で料亭を営む家系に生まれる。父である「草喰なかひがし」主人・中東久雄氏に和食の基礎を教わり、渡米後はニューヨークの精進料理店「嘉日(Kajitsu)」で副料理長兼GMを6年間務める。近年は海外のシェフとのコラボレーションなど、国際的な活動を展開。

●「朝食喜心 鎌倉」(神奈川県鎌倉市)
TEL:0467-37-8235
https://www.kishin.world/

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる