【ホンダ・ジェイド】マイナーチェンジで「RS」がスポーツワゴン系に

萩原充
AUTHOR
2018/05/17 21:30

走りを強化してワゴン市場を狙う

 都市型ユーザーを狙った低車高ミニバンのホンダJADE(ジェイド)がマイナーチェンジ。軽快な走りが特長のスポーティグレード「RS」を2列5人乗り仕様に改めるとともに、新たに「SPORT HYBRID i-DCD」搭載モデルを追加設定。また、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシグ)」を全タイプに標準装備として商品力をアップした。

 2015年にハイブリッドとガソリン仕様のRSでデビューした同モデルだが、低車高3列6人乗りのヒンジドア系ミニバン市場は、当時の年5万台超からここ3年で3万台レベルにまで大きく縮小。ということで、好調なMサイズミニバンとマーケットを争うよりは、2列5人乗りで荷室容量を充実させ、日本市場では手薄なワゴンのキャラクターを強めてシェア獲得を目指すようだ。

 今回のマイナーチェンジでは、RSのフロントグリルにハニカムデザインを採用し、LEDヘッドライトおよびフォグランプを装備。1.5リッターのガソリン仕様は、RS専用セッティングとして「全開加速アップシフト制御」「ブレーキ時ステップダウンシフト制御」を投入。追加設定となるハイブリッドは7速DCTのギアレシオを駆動制御を見直して、発進加速時のレスポンスを向上させているとのこと。

 また、コーナリング時にステアリング舵角や車速に応じて左右ブレーキを自動制御する「アジャイルハンドリングアシスト」やダブルウィッシュボーン式リアサスにRS専用ダンパーを採用するなど、精悍さを増したスタイリングにマッチするよう軽快でスポーティな走りを強調してきた。

 

 前述の通り、先進安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備として、車両本体価格は1.5リッター直噴i-VTECガソリン仕様+CVTの「G(2列5人乗り)」が2,398,680円、「X(3列6人乗り)」が2,748,600円、「RS(2列5人乗り)」は2,558,520円。一方、「HYBRID X(3列6人乗り)」は3,088,800円、追加グレードの「HYBRID RS2列5人乗り)」は2,898,720円となる。

 

本田技研工業 JADE公式サイト http://www.honda.co.jp/JADE/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる