2035年に向けたDSのドリームカーとは?

AUTHOR
2018/05/17 18:50

左右非対称デザインがユニーク

PSAグループに属する高級ブランドのDSはこのほど、2035年を見据えた電動スポーツコンセプトカー「DS X E-TENSE」のイメージビジュアルを公開した。

このコンセプトカーには前輪の内側に2基のモーターが搭載され、合計で540psを発揮。サーキットモード時には1360psにまで、その最高出力は高まる。サスペンションはフォーミュラEマシンを手がける「DSパフォーマンス」によってチューニングされ、非凡なパフォーマンスを実現する。

ボディはふたつのクルマをひとつにするというユニークな発想から生まれた非対称の構造で、車両の右側と左側で雰囲気が異なるのが大きな特徴だ。ドアは跳ね上げ式が採用され、キャビンは運転席とパッセンジャーが隔てられている。キャビンのフロアはシースルーのエレクトロマティック加工が施され、走行中の路面を見ることができる。

「既存の枠にとらわれることなく、未来のクルマという夢を形にし、クルマへの熱い想いを発信する」とDSは説明。その情熱的で自由な発想から生まれたのがこの「DS X E-TENSE」。将来を期待させるコンセプトモデルの登場といえる。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる