レクサスGS Fがアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2018/05/16 11:55

鮮やかなボディカラーを新設定

レクサスは、「GS F」を一部改良。全国のレクサス店を通じて、5月10日より発売を開始した。メーカー希望小売価格は1118万5000円。

GS Fは、「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」という“F”フィロソフィを追求、2015年にデビューした4ドアスポーツセダンだ。GSをベースに、自然吸気ならではのリニア感とレスポンスの良さが楽しめる5リッターV型8気筒エンジンや、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システム「TVD」などを採用。セダンでありながらサーキット走行を楽しめる高性能モデルとして、レクサスのスポーツイメージを牽引してきた。

今回の一部改良では、走行中に見えにくい併走車の存在を知らせるブラインドスポットモニター(BSM)を標準設定して安全運転支援を強化。また、新たに設定したボディカラーの「ネープルスイエローコントラストレイヤリング」は、レクサス独自の塗装技術により高い発色を実現するとともにボディデザインの抑揚を際立たせている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる