メルセデスAMG GTロードスターに高性能版が追加!

AUTHOR
2018/05/16 18:50

GTとGT Cの間を埋める「GT S」

5月14日、ダイムラーはメルセデスAMG GTロードスターに新グレード「GT Sロードスター」を新たに設定したことを発表。2018年7月より市場に導入する予定だ。

GT SロードスターはこれまでラインナップされていたGTロードスターとGT Cロードスターの間を埋める高性能版で、522ps/670Nmを発揮する4リッターV8ツインターボを積む。ちなみにGT用のエンジンは476ps/630Nm、GT C用は557ps/680Nmで、エンジンスペックも中間に位置づけられる。トランスミッションはGTやGT Cと同じAMGスピードシフトDCT 7Gを組み合わせる。

加速性能も中間グレードらしい。GT Sロードスターの0-100km/hタイムは3.8秒で、GTロードスターは4.0秒、GT Cロードスターは3.7秒だ。一方、最高速はGT Sが308km/h、GTが302km/h、GT Cが316km/hとなっている。

各コンポーネントのメカニズムはGT Cロードスターに準じている。サスペンションはアダプティブダンピングシステム付きのAMGライドコントロール・スポーツサスペンションを採用。また、GTでは機械式となるリアのリミテッドスリップディファレンシャルが電子制御式に。タイヤサイズもGT Cと同じで、フロント265/35R19、リヤ305/30R20となる。

ドライビングモードもGT Cと同様で、「C(コンフォート)」、「S(スポーツ)」、「S+(スポーツプラス)」、「I(インディビジュアル)」、「RACE(レース)」の5モードを設定する。

そのほか、他グレードとの違いとして、インテリアに用いられるマテリアルがARTICOとDINAMICA(人工皮革)コンビネーションとなることが挙げられる(GTはARTICOとファブリックのコンビ、GT Cはナッパレザー)。

TAG :

おすすめ記事一覧