次期トヨタ・86(ハチロク)の開発が始動?

2018/05/09 19:00

その中身はまさにベイビー・スープラ!

トヨタ86(ハチロク)とスバルBRZの次期型に関して、正式に開発がスタートしたというニュースが飛び込んできた。もちろん、現段階では未確定な要素も多いが、そのパワーユニットはダウンサイジング化された1.8リッター水平対向ターボになるという話や、新型スープラでは見送られるMTギアボックスが引き続き採用される可能性が高いという興味深いウワサもある。

ご存じのように、86&BRZはトヨタとスバルの共同開発から誕生したFR駆動のスポーツクーペだ。低重心でバランスの良いスバル製の2リッター4気筒水平対向エンジンを搭載、FRならではのハンドリングや多様なカスタマイズ性などで市場では根強い支持を集めている。現行型は2012年のデビュー以降も限定車の投入やアップデートを経て競争力を保っているが、いよいよ次期型の開発が本格化している模様だ。

約1年前の情報では、パワートレインは現行の2リッターから2.4リッターに拡大されるという話もあった。しかし、今回入手した最新情報によるとエンジンは水平対向レイアウトこそ継承されるものの、冒頭のように1.8リッターにダウンサイジング化されターボで過給される可能性があるとか。それにともない、最高出力は240~250ps程度まで向上するとも噂されるだけに、それが実現した暁には特にインプレッサあたりで啓蒙を受けたスポーツ派にとって愉しみな存在となりそうだ。

さて、今回はそのエクステリアに関して少ない情報を元に希望的観測を入れつつ予想CGを製作してみた。まず、フロントは左右を繋げたシャープなヘッドライトに現行型の流れを汲んだサイドインテークを組み合わせてワイルドなテイストに。ボンネットからサイド、リアへとつながるラインは大きく抉り取られたように張り出し感を強調。リアフェンダーの筋肉質なラインは新型スープラの要素を取り入れ、Cピラーのライン下部を跳ね上げリアの絞り感を出すことにより、スポーティに仕上げてみた。さながら「ベイビースープラ」といったところだが、いかがだろうか。

初のフルモデルチェンジとなるこの新型86&BRZ。予想されるワールドプレミアは2020年内で、正式な発売はいまのところ翌2021年という説が有力だ。

Courtesy of Apollo News Service

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる