フォルクスワーゲンI.D.Rパイクスピークの実車が公開!

AUTHOR

2基のモーターで合計680psを発揮

4月22日、フォルクスワーゲンは6月24日に米国コロラド州コロラド・スプリングスで開催されるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムレースに出場するEVレーシングカーの「I.D.Rパイクスピーク」の実車をフランスで初公開した。

このモデルには2基のモーターが搭載されており、アウトプットは合計で680ps/922Nmを生み出す。0-60マイル(約97km/h)を2.25秒でこなす加速性能は、フォーミュラ1やフォーミュラEのマシンより速いという。ブレーキには回生システムが組み合わされ、制動エネルギーの一部を電気に変換し、バッテリーに供給される。

ちなみに、パイクスピーク・ヒルクライムレースでステアリングを握るのは同レースで優勝経験のあるフランスのロマン・デュマ選手。これまでに同レースを3度制した39歳は、ル・マン24時間レースでも2度優勝している実力派だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる