ミツビシ・アイ・ミーブがマイナーチェンジ!

H.Tanaka
AUTHOR
2018/04/20 19:50

新作のデザインラッピングも設定

三菱自動車は、電気自動車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』のエクステリアデザインを変更するなどのマイナーチェンジを実施。全国の系列販売会社を通じて 4 月 19 日(木)より販売を開始した。車両本体価格は294万8400円(税込)。

「アイ・ミーブ」は、世界初の量産電気自動車として2009年7月に販売を開始、日欧米その他地域52カ国で累計約2万3000台を販売している。また、電動車のグローバルでの普及に向けた取り組みとして途上国へのODA(政府開発援助)供与合意に基づく車両供給や寄贈を実施するなど、持続可能な社会の実現に寄与している。

今回のマイナーチェンジだが、エクステリアではフロントバンパーとリアバンパーのデザインを変更。張りのある前後フェンダーがタイヤを包み込みロードハギング感を高めたほか、サイドエアダムをボリュームあるデザインとすることで、低重心で安定感のあるスポーティなスタイリングとしている。また、フロントバンパーにはフォグランプを標準装備した。

このエクステリアの変更により、全長が3,395mmから3,480mmに拡大。これまでの軽自動車規格から登録車に変更となった。また、モノトーン車には前後ドアサッシュにブラックアウトテープを採用し、細部の質感も向上させている。

ボディカラーは全5色展開。この中でスターリングシルバーメタリック、スターリングシルバーメタリック/ホワイトパールの2トーンカラー(有料色で税込7万5600円高)は新設定となる。

ハード面では、駆動用バッテリー温度が高い状態で急速充電をした場合に充電時間が長くなることを知せる「電池高温時お知らせ機能」を新採用。グレードは、総電力量10.5kWhの「M」が廃止され同16.0kWhの「X」のみの設定となっている。

さて、今回のマイナーチェンジを機に「MYアイ・ミーブデザインラッピング」には新デザインは設定された。このラッピングは新車購入時のユーザーだけでなく、すでにアイ・ミーブを愛用しているユーザーや中古車として購入したユーザーも利用できる。

今回で第5弾となる「MYアイ・ミーブデザインラッピング」は、愛用するアイ・ミーブをより個性的にするためのプログラムだが、新たに2トーンスタイルの「マスク」とストライプラインの「レーサーストライプ」の2種類のデザインからなる全5種類を用意。選ぶ楽しさや、電気自動車をより個性的に乗れるエクスクルーシブ性を提供する。なお、4月19日より三菱自動車のウェブサイト上でボディカラーとラッピングの組み合わせをシミュレーションすることも可能だ。

なお、ラッピング価格は各販売会社にて問い合わせのこと。

「MYアイ・ミーブデザインラッピング」 ウェブサイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/i-miev/special/wrapping/index.html

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる