小林可夢偉も「絶対、欲しい!」、パイオニア80周年記念サイバーナビは限定80台

萩原充
AUTHOR
2018/04/19 07:00

創業80周年の集大成が誕生

音響機器メーカー大手のパイオニアは4月18日、車載オーディオおよびカーナビの「カロッツェリア」2018年モデル新商品を発表。パイオニア販売代表取締役社長の蒲生宣親氏によれば、カロッツェリア・サイバーナビは、これまでにもスマートループやミュージックサーバー、AR(拡張現実)HUDといった車載器技術の新機軸を打ち立ててきたフラッグシップであり、創業80周年となる2018年の音質に磨きを掛けた最新作に期待して欲しいとコメント。

続いて商品説明を行なったパイオニア市販事業部の内田有喜氏は、「カーナビは単なる道案内の道具ではなく、独自性ある新機能や新提案でユーザーの行動範囲を広げて新しい発見や体験が提供できるツール」として、最新のサイバーナビに投入したスマホ連携によるコネクテッドカーライフを実現する「MapFanコネクト」機能を紹介。これは、専用アプリやウェブサイト「MapFan」とサーバー経由で接続して、ユーザーが任意で登録した場所や目的地、ドライブプランを受け取ったり、車外から車両位置情報をリアルタイムで確認できる機能とのこと。

 

 

もちろん、従来からの「スマートループ」で蓄積したデータを活用した「スーパールート探索」や音楽ストリーミングサービス「ミュージッククルーズチャンネル」、ハイレゾ再生対応の高音質設計といった優れた機能性は市販カーナビのトップレベル。いっそう洗練度を増した最新のサイバーナビは、LSメインユニット(8V型ワイド)と200mmワイドメインユニット、2Dメインユニットの3モデル各2グレードと国産ミニバン向けの車種専用10V型を7機種リリース。いずれもオープン価格で6月発売予定。

 

そして、この進化したサイバーナビの高機能をベースに、同社が創業から培ってきた高度な高音質技術と開発思想、最高品位の高音質パーツを採用し、オーディオ基板を細部に至るまで徹底的にチューニングを施し、新たにハイエンドオーディオ カーナビと銘打った“サイバーナビxシリーズ”「AVIC-CZ902XS」(税別248,000円/5月下旬発売)も発表。

加えて、専用スペシャルボックスやシリアルプレート、レコチョク1年間利用権、専用通信モジュールなどを同梱した、創業80周年記念モデルもリリース。こちらも価格は税別248,000円となるが、「カロッツェリアeショップ」で80台限定販売。受注開始は5月23日(水)10:00から。

 

このサイバーナビxシリーズ80周年記念モデルには、トークショーゲストのレーシングドライバー、小林可夢偉選手もすかさず反応。受付開始時刻までPCの前でスタンバイするとコメントした。

今回の2018年カロッツェリア新商品発表会では、新型サイバーナビのほか、ディスプレイオーディオやドライブレコーダーユニットも披露。いずれもオープン価格で6月発売を予定している。

 

パイオニア http://pioneer.jp

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる