春の琉球を巡る冒険旅行、クラシックカーラリー沖縄2018リポート

今年は初春の沖縄が楽しめる3月に開催

 十数年前では中々考えられないことだったが、現在日本では春になると毎週同時多発的に各地でクラシックカー・イベントが開催されている。その中身は、サーキットでのシリアスなレースから、大きな会場を使った展示イベント、さらにクラブ単位や仲間同士のミーティングやツーリングなど様々だが、中でも未だ根強い人気と盛り上がりをみせているのが“レギュラリティラン”と呼ばれる公道を舞台としたラリーイベントだ。

 競技自体は、事前に設定されたルートに沿って走行し、途中に設けられたPC(パス・コントロール)と呼ばれる競技(指定された距離をいかに設定タイムどおりに走れるかを競う)などで獲得したポイントによって争われるのだが、なにも血眼になって勝負をするだけでなく、風光明媚なコースやディナーパーティー、豪華な宿泊施設など、夫婦や仲間同士でちょっとしたツーリング気分を味わえるのも、こうしたイベントの魅力のひとつである。

 そんな日本のクラシックカー・ラリー・シーズンの開幕を告げるイベントが、さる3月3日(土)から4日(日)にかけて行われた“クラシックカーラリー沖縄2018”だ。“沖縄が誇る美しい海と歴史、文化を体感し、地元の人々との交流を深め、自動車とともに沖縄独特の文化を後世に継承、発展していくこと”をテーマに掲げスタートしたこのイベントも今回で3回目。例年は他のイベントのオフを狙って1月に開催されてきたが、今年はより沖縄らしい温暖な気候が味わえる3月に日程を変更して行われることとなった。

 しかしである! なんとも運の悪いことに初日は朝からの雨。スタート地点となった宜野湾港マリーナには1938年型のMG TAから1973年型のディーノ246GTまで32台のエントラントが集まったが、1951年型のジャウル・タラスキ750スポルトなど、バルケッタ・スタイルのクルマたちには、過酷な状況となってしまった。特に沖縄自動車道を名護方面に走る時間帯は、地元の人に聞いても「こんな凄い雨は滅多にない」というほどの豪雨に見舞われてしまい、現在車で追走していてもヒヤっとするようなコンディションであった。

 でもそこは様々なイベントに参加しているベテラン揃い。どのエントラントも無事にこの難関を走り抜け、次々と設定されたPCもクリア。そして沖縄本島北部の本部半島に着いた頃には雨の上がり、夕日の照らす海岸線を延々と走るという絶好のシチュエーションに恵まれた。このようにたった1日で愛車とともに、これだけ非日常のドラマを体験できるというのも、クラシックカーラリーの魅力といえるかもしれない。

 さらに宿泊場所となったホテルオリオンモトブ・リゾート&スパでは、地元の食材を使った豪華なディナーやお酒、そして歌や踊りで“色々な沖縄”を満喫できたのも、エントラントには好評だったようだ。

 

リポート&フォト:藤原よしお Y.Fujiwara フォト:クラシックカーラリー沖縄実行委員会(鈴木勝)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる