インフィニティ新型クーペ「Q60」にコンバーチブルが設定される!?

2018/03/27 19:00

欧米では既に発売されており、日本市場への導入が期待されている日産の高級ブランド「インフィニティ」の新型クーペ「Q60(スカイラインクーペ)」にコンバーチブルが設定されるという。

入手されたレンダリングCGでは、2014年のパリモーターショーで公開された「Q80インスピレーション」コンセプトの精悍なフロントマスクを継承したスタイリッシュなオープンボディとなっているが、Aピラー以降は専用デザインが採用される模様だ。

インフィニテ60

先代にあたる「G37」でも設定されていたコンバーチブルは新型でさらなる進化を見せるようで、トランク内部に3分割で格納される電動メタルルーフが引き続き採用され、開閉に要する作動時間は約20秒という速さ。しかも、クローズドルーフ時の静粛性はクーペと遜色ないレベルを実現すると予想されている。

パワートレインは、最高出力208psを発揮する2.0リッター直4ターボエンジンに加え、3.0リッターV6ターボエンジンには最高出力304ps版と405psを発揮する高性能版の2基種をラインアップ。ボディサイズはクーペ同様、全長4,685mm、全幅1,850mm、全高1,385mmとなるようだ。

Courtesy of Apollo News Service

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる