ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーがデビュー

AUTHOR
2018/03/14 18:55

オープンエアの醍醐味を最高峰のパフォーマンスで

ランボルギーニはジュネーブ・ショー2018において「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」を初公開した。デリバリー予定は2018年夏以降で、日本市場での販売価格は3561万3532円(税抜)と発表された。

同社のステファノ・ドメニカリCEOは次のように紹介している。
「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーは、ウラカンで開発された技術の頂点とコンバーチブルの高揚感をひとつにしました。ウラカン・ペルフォルマンテは、サーキットと公道のどちらでも最高の路面からのフィードバックとエモーションが得られました。一方で、ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーはドライバーをより路面に近づけ、風とランボルギーニの自然吸気エンジン独特の響きを感じることができます。」

パワートレインは日本でも発売されているクーペ仕様と同様で、640ps/600Nmを引き出す5.2リッターV型10気筒の自然吸気エンジンと7速デュアルクラッチ「LDF」の組み合わせ。ハルデックスの4WDシステムによって全輪を駆動する。3.1秒の0-100km/h加速はクーペモデルに0.2秒譲るが、325km/hの最高速は同じだ。

車両コンセプトはクーペと同様で、アルミとカーボンファイバーを多用することによる軽量化(1507kgの乾燥重量は標準のウラカン・スパイダーより35kg軽い)や、複雑な形状が可能なフォージドコンポジットを導入したアクティブ・エアロダイナミクス・システム「ALA(エアロダイナミカ・ランボルギーニ・アッティーヴァ)」の導入により、公道だけでなくサーキットトラックでも高い運動性能を発揮する。

ファブリック仕立ての電動油圧式ルーフは17秒で開閉でき、50km/h以下であれば走行中の開閉操作が可能だ。リアウインドーはトップのオープン時/クローズド時を問わず開閉が可能で、クローズド時に開ければトンネルバックスタイルとなり、V10エンジンのサウンドをよりダイレクトに楽しむことができる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる