メルセデスAMG GTに4ドアクーペが追加!

AUTHOR
2018/03/13 18:55

「63S 4マチック+」をトップに3モデル展開

ダイムラーは現在開催中のジュネーブ・ショーにおいて、メルセデスAMG GTの4ドア仕様となる「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を初公開した。2018年の夏から欧州を皮切りに販売がスタートする。

「新しいAMG GT 4ドアクーペは、2ドアのスポーツカーのレーシングトラックにおけるダイナミズムを普段使いに一層適合させたモデルで、メルセデスAMGのブランドコアである“ドライビング・パフォーマンス”を体現しています」と、メルセデスAMGのトビアス・メールスCEOは紹介している。

発表されたグレードラインナップは3タイプ。「AMG GT 53 4マチック+」には、435ps/520Nmを発する3リッター直6ターボと22ps/250Nmのモーター(EQブースター)を組み合わせたマイルドハイブリッドを搭載し、0-100km/h加速4.5秒、最高速285km/hを実現する。

「AMG GT 63 4マチック+」と「AMG GT 63S 4マチック+」には2ドア仕様にも搭載する4リッターV8ツインターボが積まれ、それぞれ585ps/800Nm、639ps/900Nmを引き出す。0-100km/h加速は3.4秒と3.2秒、最高速は310km/hと315km/hを標榜する。

トランスミッションは53が「AMGスピードシフトTCT 9G」を、63は「AMGスピードシフトMCT 9G」を組み合わせ、4WDシステムは、53を含む全モデルで「AMGパフォーマンス4マチック+」を搭載する。

後席は2名または3名掛け仕様から選ぶことができ、荷室容量は後席使用時で395L、後席シートバックを前倒しすれば最大1324Lに広がる実用性が与えられた。

内外装のデザインは2ドアクーペのイメージを投影したもので、AMG GTファミリーの一員であることを感じさせる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる