ベントレーがパイクスピークに参戦

田畑修
AUTHOR

ベンテイガをベースに競技車両を製作。6リットル・W12気筒の実力を見せつけるか!?

今年も6月24日にアメリカ・コロラド州で開催されるヒルクライムレース、第96回パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)にベントレーが参戦する。ベントレーのパイクスピーク参戦は初めてで、同社初のSUVであるベンテイガを投入。競技車両の詳細は追って発表される予定だが、SUVベースとはいえ高速ヒルクライムに合わせてかなりのモディファイがなされるはずで、サーキットレースで培ったノウハウがどう生かされるのかが見どころとなる。

パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムは、1916年から開催されている世界でも有名なヒルクライムレース。全長20kmのコースを走り抜けてタイムを競う。

6リッターW型12気筒、600psのパフォーマンスもさることながら、4300mの山頂まで、一気に1500mの標高差を駆け上がるパイクスピークの過酷な条件にどう対応してくるのか、その手腕に期待がかかる。ベントレー側は参戦クラスやドライバー名などを公式に発表していないが、PPIHC公式サイトの暫定エントリーリストではエキシビジョンクラスにベントレーの名があり、1949年型フォードF1やダッジバイパーが参戦するこのクラスで出走することになりそうだ。

ベントレーモータースポーツはこのレースを制して新たなベンチマークを築くとしており、初参戦でどこまで実力を発揮できるのか。まずはマシン詳細とドライバーの発表を楽しみに待つとしよう。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる